FC2ブログ

プロフィール

タカダ大田原店

Author:タカダ大田原店
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

皆さんこんにちは!!
タカダ大田原店のスタッフAです。

今日は水彩について多いお問い合わせの続きになります。


「④筆は何を使えばいいの?」

筆選び、迷ってしまいますよね?
まずは自分がどれを一番重視するかが問題です。

①安さ(コスト) ②質
A.コシ B.水含み C.素材 D.強度

安くてコシのあるものがいいのであれば、ナイロンがいいでしょう。
学校の授業などで使われる、オレンジ色っぽい筆です。
穂先がバラついても熱湯につけて整形すれば戻る特性があります。

水含みだとどうしても2~300円台のナイロンでは限界がありますから、動物毛の筆をお選びください。

ちなみに新開発されたナイロンの筆、ノルムは、動物毛のタッチを再現したとのことで、当店でも取り扱いを始めていますよ(^O^)強度もなかなかよさそうです。


「⑤スケッチブックにそのまま色を塗っても大丈夫?」

外でスケッチした絵にそのまま着彩したい!っていう方は結構いらっしゃいます。
スタッフAもやったことがありますが、あくまでもスケッチブックは束ねられた画用紙です。
画用紙は厚みがあまりないので、色を塗っているとボロボロになってしまったりします。
上級者の方だと、切り離して水張りしてる方もいるみたいですが、
スタッフAの経験だと、大体のスケッチブック紙はこれでも毛羽立ちます。ひどい時は破れます。
なのでスケッチブックにそのまま着彩はあまりお勧めしておりません。

着彩目的でスケッチする場合は、厚手のスケッチブックか、ブックタイプの水彩紙を選ぶとよいかと思います。
ちなみにクロッキー帳は水彩できませんので、ご注意ください。

次回は鉛筆について大討論!(予定)

皆さまのご来店、お待ちしております☀
スポンサーサイト

2017/07/06(木) 16:37 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。